WealthNavi ウェルスナビは儲かるのか 手数料は高いのか?

ロボアドバイザー


老後2000万円問題から急に注目された投資。投資に興味があるけどなんとなく恐いと言う方も多いのでは。
そんな方に向けたサービスの一つWealthNavi(ウェルスナビ)を紹介します。

私たちは積立をするだけ。自分で銘柄を選ぶことなく、すべてロボットに運用してもらいます。世界の資産家のポートフォリオを参考に最適な配分で投資を行ってくれるサービスです。

実際に私も2年半運用しました。最初は半信半疑で少ない金額から始めましたが、あまりにも成績がいいので積立金額を増やしました。

私の運用実績は別の記事で紹介します。

WealthNavi(ウェルスナビ)とは?


世界水準の金融アルゴリズムは、これまで一部の富裕層や機関投資家など、特別な層だけのものでした。テクノロジーの力で、誰もが世界水準の資産運用をできるようにしたのが、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」。相場の動向に惑わされず、すべて自動で資産運用を行ってくれます。


ウェルスナビの運用は全自動 放っておくだけの簡単投資

出典:WealthNavi公式 

資産形成の基本 「長期・積立・分散」

「長期・積立・分散」は

  • 長期間(少なくとも10年以上)
  • 決まった間隔で(たとえば毎月)同じ金額を
  • 世界のさまざまな資産に分散して

資産運用をするスタイルのことです。

「長期・積立・分散」は、世界的にも資産運用の王道とされています。これは、世界の経済活動に対して分散してコツコツと投資することで、中長期的に世界経済の成長率を上回るリターンを目指すというもので、働きながら「長い目で資産を育てていきたい」という方にぴったりの方法です。金融庁も、2016年9月の「平成27事務年度 金融レポート」で、「リターンの安定した投資を行うには、投資対象のグローバルな分散、投資時期の分散、長期的な保有の3つを組み合わせて活用することが有効である」と述べています。ウェルスナビは、「長期・積立・分散」をサポートする機能を備えた資産運用サービスです。

出典:WealthNavi公式 
出典:WealthNavi公式 

預かり資産増えてます

2021年9月現在で預かり資産が5500億円を突破しました。運用者数は28万人だそうです。

最近の預かり資産の増え方はすごいですね。

2021. 1. 4 3300億円突破
2021.5.28 4500億円突破
2021.7.14 5000億円突破

出典:WealthNavi公式 
出典:WealthNavi公式 

手数料は預かり資産の1.1%

手数料は預かり資産の1.1%のみ。
高いか安いかは人それぞれだと思います。
ただ、客の資産が増えないと手数料収入も増えないので、WealthNaviと客の利害は一致していますね。

私の2年半の運用実績を紹介します

ほんとに儲かるの?と疑っている方もいらっしゃると思います。個別の株運用が得意な方ほどのパフォーマンスは出ませんが、それなりの運用結果になっています。

興味のある方はどうぞ!



コメント

タイトルとURLをコピーしました